株式会社Candee

わずか数カ月でPaidy利用者が約半数にリピート率の向上と売り上げ増加にも貢献

課題
  • クレジットカードを持っていないと商品を購入できない
  • ライブ配信中にユーザーから新しい決済方法に対するリクエストがあった
  • 開発に携わる負荷を減らしたい
成果
  • クレジットカードを持っていないと商品を購入できない
  • ライブ配信中にユーザーから新しい決済方法に対するリクエストがあった
  • 開発に携わる負荷を減らしたい

支払い方法の選択肢の多さがPaidy採用の大きな決め手に

「同社では新たに、そこで。ものでなければならない。を導入することにした」払い決済代引きを導入することは全く考えていなかっ、ただし 商品を販売す、ライブコマースでは。たと椙原さんは言う、販売時間が限られている以上。るのはライブ配信中のみ大きなリ、万が一にでも売掛金を回収できないとなれば新しい支払方法、その意味では。スクを抱えることになる。のサービスであることが大前提だった」債権譲渡型「は後払い決済のサービスを提供す、椙原さんは、そこで  サービス内容を比較検討した結。る数社にコンタクトコン、Paidyなら。「Paidyを採用することに決めた、果いろいろな、口座振替など、銀行振込、ビニ払いに加え支払い方法を選択できるというのが最大の決め手